第17回「はぴかちゃん歯いく大賞」には、9,127句、101団体、8,681人ものたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

一句一句に歯や口の健康へのさまざまな想いがこめられ、感性豊かな作品の数々でした。表彰式の様子は令和2年11月21日9:55より南海放送テレビにて放送されました。

入選作品

はぴか大賞

言葉の経済効率がとても良く、的確にイメージを伝えてくれる一句です。上五でいきなりあらわれる「合唱曲」の一語で、風に乗って響く音や合唱に参加する人々の存在がわかります。大きく開かれる合唱の口。緑を揺らす万緑の風は、大きく開いた口の奥歯にまで届きます。「万緑」の持つエネルギーが句の中心にしっかり据わりました。

優秀賞 特選

夜の歯磨きは毎日の大切な日課です。口の中の一番磨きにくい場所にある奥歯。歯ブラシのヘッドがうまく届きません。神経を集中して、磨こうとする「場所」を探す表情まで想像できました。星が涼しく灯る夏の夜を、今日も真剣な歯磨きの時間は過ぎていきます。

「鰐でありたし」という奇妙な願望から始まる、九音と八音のリズムで構成された破調の句。「鰐」は何度でも歯が生え替わるのだそうです。「抜歯日」に抱える憂鬱と不安が「鰐でありたい」という願望を抱かせます。吹き付ける「熱風」に立ち向かう、夏の日の通院。

優秀賞

小学生の部

作者にとって「歯」から連想する最も印象的な存在は、亡くなった愛猫の「歯」だったのでしょう。夏の終わりに経験した悲しい別離。「こつつぼ」にいれた小さなねこの歯の白さが悲しみの粒のように心に残ります。

まだたった「8本」の歯できゅうりを食べる小さな「弟」。「バリボリ」の勢いがなんと頼もしく愉快なことでしょう!きゅうりの新鮮な緑を次々と噛み砕く乳歯の真っ白。色彩の対比も鮮やかな一句です。

「スラー」はいくつかの音符を弧でくくる、演奏記号の一つ。音と音を滑らかにつなげる意味を持ちます。弧を描く「歯ならび」への比喩が魅力的。取り合わせた紫陽花の様々な色合いの球形も賑やかで綺麗です。

抜けそうな歯を色んな方法で抜いた句には、沢山出会ってきましたが、まさか「ラジコン」に引っ張ってもらうとは、吃驚! 一生思い出に残る「なつのあさ」。カタカナとひらがなでの表記も楽しい一句です。

中・高校生の部

歯並びの比喩は古今東西様々に表現されてきましたが、「ダリアの如く」は新鮮です。幾何学的に並ぶダリアの花片。それに例えられる「歯並び」のなんと美しく整然としていることか。「けり」の詠嘆も力強いですね。

「はれた歯茎」の熱が再生されてくるかのような迫力。「しずまれしずまれ」の字余りのリフレインが疼くような辛さを読み手に伝えます。入道雲も歯茎の腫れも、一向にしずまらないまま、診察の順番を待つ時間。

犬や猫がじゃれて噛みつく「甘噛み」。本気で噛んでいるわけではなくても「ちいさき跡」が残ります。中七「や」の強調で映像を明確にしたのも確かな技術。深まる夏、汗ばむ身体に残された歯の感触がリアルです。

「氷水」が「歯にしみる」のは誰もが経験のあるところですし、類想もあるでしょう。しかし「親の意見と氷水」と二つ並べることで俄然季語の鮮度が上がります。痛烈に「しみる」感触は心の裡も表して秀逸です。

一般の部

コロナウィルスと付き合う2020年ならではの観察。歯科検診で口を覗き込む医師は、マスクだけでなくフェイスガードもつけています。フェイスガードの奥に光る「汗」に目を付け描写できる落ち着きがさすがです。

結婚35年目となる「珊瑚婚」。かつてうっかりと魅了された「白い歯」のあの人は今隣にいて、35年目の秋を共に迎えました。「秋」は実りと成熟の季節です。「騙され」がほどよい皮肉とほどよいおのろけ。

夏のキャンプの翌朝の光景。こんな教師いるな、と納得させられるリアリティがあります。歯磨きの泡を口に残したまま、歯ブラシであれこれと指示を飛ばす「教師」。キャンプの朝の高揚と慌ただしい時間が見えます。

「歯」の一語から「千年前の木乃伊」を連想する力に驚きます。干からびた木乃伊に残る「歯」。千年前この歯の持ち主は海鼠をコリコリと噛んでいたかもしれない。作者も海鼠を噛みつつ想像を広げているのかも。

ユニーク賞

小学生の部

歯の形を整えるために日々装着する「きょう正器具」。蒸し暑い熱帯夜だったのですね。朝起きてみると、なぜか「きょう正器具」が枕のあたりに転がっている。あらあら、という一句です。

中・高校生の部

歯科医師がはめている「ゴム手袋」の句はあるかと思いますが、まさかその味を詠むとは。普段味わうはずのない「ゴム手袋」が実は「甘苦い」と気づく。歯科検診の一場面を味覚で切り取る視点がユニーク!

一般の部

食事をしていて、一瞬、あれ?と思ったのでしょう。まさか「おれたおくば」を飲み込んでしまうとは!「鳥曇」とは、春に渡り鳥が北方へ帰る頃の曇り空。あーあと見上げる空でしょうか。

佳作作品

小学生の部

歯と歯肉やさしくみがく夏の風宮脇 世理
天の川ぼくの前歯は世界一福島 昊虎
風かおるあまいフッ素の口の中魚崎 叶皐
歯ブラシの毛先シャカシャカつばめ来る浅野 迦恋
雲の峰百十円の糸ようじ浅野 迦恋
はえた歯を手鏡で見るおぼろ月中尾 紗唯
原爆忌のゆめ白い歯ぬける中尾 侑愛
歯につまる食べ物取れない夏の山藤井 龍汰
はがぬけてちが出ていたさくらの日末光 叶和
春風の歌はみがきこのいいかおり岩﨑 神威
夏つばめ歯科けんしんは保けん室山下 苺果
青がえるぼくの前歯はぬけました小山 颯友
いわし雲十一本のおとなの歯上原 沙弓
歯がぬけてうれしい夏の夜の歌和泉 咲南
しあげみがきすいかはがまんちちにらむ松本 士輝
がちがちとはをふるわせたプールの日笠岡 海妙
はブラシはひらいてぺちゃんこ夏おわる大山 龍冬
梅雨の日の歯みがきする音雨の音堀内 美典
えんてんかやる気と勇気と歯みがきと兵頭 颯
ゴシゴシジージーセミの歯ブラシあったっけ高岡 怜
えん天下おく歯かみしめ打つ白球高野 裕介
手でぬいたぐらぐらにゅうしとさつまいも森 美音
ぬけたはがダイヤにかわるなつのゆめ岡部 未柚
夏の夜歯みがきの音冷房の音佐伯 日陽子
はしる夏歯の数兄においついた清水 隼将
アイスたべはんたいこう合なおす夏田房 龍誠
トマト丸かじりじいじと私前歯ない相原 縁咲
恐竜は虫歯にならない秋うらら三浦 弘太郎
はいしゃさんぽんとはをぬきなつのくも渡部 ひより
夏休みハブラシ列車とおります小栁 珠俐
前歯生え歯ごたえうまし青りんご由井 千早
夏休みヒーローはぶらしえらぶぼく河本 蒼琉
後一つ炎天のグラウンドにくいしばる僕と乳歯川口 慧人
うつるサーブ権かみしめる歯の夏竹本 洋
歯みがきをすぐにやってと言うツバメ平岩 真幸
きいろい歯かぼちゃを食べて秋の皿渡部 三繋
ぼくのははぎんばにしないあめんぼう西川 楓真
はにあながあくのどうしてきんれんか長谷 こと
はをうめたくすりざらざらぽおちゅらか尾崎 羽海
夏の雲ハサミの様な永久歯武田 崇佑
空きかんにぬけた歯六こ夏の夜柳野 晃汰
はみがき粉きれいに流す梅雨の雨佐々木 莉菜
夏休みはみがき表ははぬけなり大成 純輝
あいの風歯いしゃさんのブッラシング薬師寺 雄太
つゆの空歯いしゃの窓が雨だらけ増田 優笑
ファインプレーで白い歯見せる夏休み田井 佑弥
紅葉降る部屋に文具と歯ブラシと和田 美憂
いとこの歯おぼんのよなか旅に出る石丸 煌
おおきなはぼじりぼじりとたべるうし森 希結
赤とんぼぼくの前歯と大きな目土田 凰晟
えいきゅう歯キチキチきつい青りんご山上 花穂
雷鳴やペンチでグリグリ乳歯五本中広 颯介
染め出しを終えてピンクの半ズボン前川 湊

中・高校生の部

無花果やデンタルフロスに血の滲む越智 夏鈴
 胡瓜噛む幽霊は歯も透明か盛武 虹色
横の歯に迫る残暑の親知らず八木 大和
歯ブラシを咥えて歩く黒い犬二神 悠莉
にらめっこ双子の乳歯初明かり矢野 輝生
夏空をながめて親知らずを磨く藤田 美月
金属音蟻にも虫歯はできますか谷岡 花菜
歯を磨く夏木立のようにきれいに嶋田 穂乃花
太陽に抜けた歯かざす夏休み森岡 七海
バケットに前歯で挑む夏の朝下田 天海
廊下に二人夏風ふかれ歯をみがく上甲 麻由
春待つ日兄とハブラシ旅立った草島 日向
大口で笑ふ暮らしや茸飯飯尾 羽衣
晨朝や歯を磨く音蝉の声飯尾 久翔
当節の暑さが残る洗面所弘中 琴絵
凸凹と並ぶ歯ぶらし夏の色西岡 瑚心
給食後はぶらしコップでつくる海八木 智明
弟の投げた歯夏の夜に消えた板東 煌介
白南風やはみがきうたは4拍子武田 琉里
鏡にらむ虫歯と格闘夏来る吉良 美海
聖合騎士アリスは虫歯なさそうだ西森 蒼仁
帰省の日歯みがきできぬ列車かな大原 宋太
鮫の歯をどこかと探す夏休み大塚 桜空
遠くからあの子の八重歯秋近し米澤 壱成
夏の朝骨格標本歯が笑う土居 千紘
親知らず奥までみがく梅の雨山本 悠美
歯ブラシにキャップをかけて夏の旅萩野 沙弥
歯ブラシの任務完了晩夏なり岡本 銀河
歯みがきの時間短し夏長し森 悠晴
ハブラシにまたがり空を飛ぶ夏夜伴野 悠之介
歯が抜けて騒ぐ放課後風薫る三宅 咲穂
炎天やいたずらっ子の歯は白く羽藤 れいな
遠雷や明日は母の抜歯の日菊池 匠輝
白い歯で英語の発音梅雨晴れ間辻 嘉乃
向日葵の種と並べたいとこの歯西村 栞音
からあげに乳歯がくい込む夏の昼衣輪 佳佑
花曇りつめ物がとれ歯科へ行く垣内 俊洸
立春やケンカでふっとぶ初前歯菊澤 敬飛
白い歯と鏡に写る白椿宮本 晋作
西日さす並ぶ歯ブラシの先光る山下 温大
夏の昼歯科の消毒鼻を突く大和田 蒼空
アニキャラの歯に憧れる夏休み二宮 万尋
せみの声祖父が入れ歯の洗濯場楠本 恵麻
油照りじいちゃんの歯がのきました二宮 萌南
青田風歯科受付の小顔美女窪田 明依

一般の部

ヘディングで歯くいしばる大会なき夏黒島 ちひろ
余裕なく見える歯茎と夜学かな鈴村 直樹
秋湿り謀反の歯摘む帰り道鈴村 直樹
指に這う蟷螂の歯は今微か鈴村 直樹
治療中某棒アイス歯を砕く高岡 史匡
朝焼や洗口液の二十秒坂本 梨帆
梨を噛む主に奥歯の右左坂本 梨帆
歯ブラシの持ち方変える白露かな坂本 梨帆
ないた母インプラントと蜩と林 惇
うかうかと齲窩はつくらじ生身魂ひでやん
真白き歯初恋乗せて青葉風安井 圭子
歯ごたえも優しオクラの花愛し伊葉 環
春めくや乳歯に咬まれこそばゆし越智 勝利
磨かれて歯にも表情百合の花越智 勝利
歯を見せぬ漢が笑ふ新走越智 勝利
風呂上り麦茶に祖母の総入れ歯岡村 理江
歯を磨く老若男女原爆忌岡村 理江
前歯2本愛しきが桃食んでいる下土井 未菜
親不知の穴へ新米の鎮座菊池 紀子
炎天を齧る入歯にある力吉田 実
金木犀消毒済みの歯医者さん吉田 知恵
歯科技工士の友にエールを水の秋吉田 美知子
浜の歯みがき夏雲のシンフォニー宮下 嘉納子
丁寧に磨く歯みがき風光る宮内 省三
風死すや歯科タービンの音長き宮本 徳美
竜淵に潜む奥歯のここ磨け栗田 修次
新涼や歯間ブラシに血のほのか栗田 修次
歯医者さんの優しい声とセミの声高橋 明美
赤とんぼ痛む歯押さえ写真撮る高橋 明美
親知らず悪気はなくて夏休み高橋 紋
アロハシャツですが入れ歯ですがなにか高橋 紋
新米納品歯を食いしばり腰入れて高須賀 眞美子
入れ歯補聴器はずし検査着の涼し高須賀 眞美子
大掃除愛する娘の乳歯かな黒川 麻加
歯磨きは自分磨きか梅雨時雨佐藤 大輔
ゴスペルの奥歯に響く聖夜かな山口 晴美
母に似て美しき歯並び初笑山口 晴美
春財布忍ばす護符は子の乳歯四之宮 美智
生えたての歯で寒風を咀嚼せり若狹 昭宏
詰め物の取れし日曜紅芙蓉秋本 哲
ぐらぐらと揺る大臼歯烏賊を干す秋本 哲
寒餅や仮歯は樹脂で出来ている秋本 哲
歯ブラシに歯石は除せぬ大掃除秋本 哲
満塁打放つ白い歯無観客小笠原 真紀
百日紅さわさわさわと歯を磨く小笠原 真紀
園児らがカバの歯みがく秋日和小笠原 真紀
皐月賞歯をむぎ出して馬笑ふ小笠原 真紀
帰省子へ駆け出す犬の歯丸出し小野 睦
歯ばかりに目がいく梅雨の朗読会小野 睦
三寒のセールスマンの歯はきれい小野 睦
九代目も歯ぎしりの癖星月夜松尾 美枝
自分の歯だよい~として仏桑花松本 だりあ
ビーバーのような前歯が西瓜食う松本 だりあ
糸切りし犬歯はまろくちちろ鳴く上田 由記美
昼寝する歯間に麺を保存して森田 欣也
桃よりもモモの味するはみがきこ森田 欣也
議論果て焼鳥の串歯でしごく菅 伸明
白い歯と青いキャベツと大ジョッキ菅 伸明
春光やカバの大きな虫歯見ゆ菅 伸明
花冷えや患児をなだむ歯科医員菅 伸明
賢者みな白き歯を持つ花辛夷菅 伸明
入れ歯の爪一本毀れ溽暑来る菅 伸明
歯磨き済んで桃太郎また始めから菅 伸明
禁煙の誓い夜長の歯を磨く菅 伸明
茎漬を食って虫歯によく響く菅 伸明
ごまめ噛む妻には妻の言い分が菅 伸明
駅弁の蓋の飯粒噛んで夏菅 伸明
ドーナツの穴を噛み消す春うらら菅 伸明
歯にからむ練りはったい粉反戦忌菅 伸明
とんかつをザクリと噛んで街薄暑菅 伸明
西瓜食うショベルカーのごとザクザクと菅 伸明
西日灼く甍の波や歯科の窓菅 伸明
白い歯は謙虚の証萩うねる菅 伸明
秋霖に降り囲まれて歯科治療菅 伸明
朱夏の歯科射され削られ埋め込まれ菅 伸明
反戦忌水あふらせて義歯洗ふ菅 伸明
瑞歯生ゆ稚児よ日に透くしゃぼん玉菅 伸明
口開けし石榴が覗く歯科の窓菅 伸明
年越し湯禊ぎの夜の歯を磨く菅 伸明
春光を噛み擂り潰す牧の牛菅 伸明
トマト齧る正義の戦などあらぬ菅 伸明
こめかみを動かし干鱈噛んでゐる菅 伸明
美しき歯に席譲らるる梅雨のバス菅 伸明
疼く歯をかかえて医院虎落笛菅 伸明
三振の日焼の顔や歯をみがく西原 真樹
早乙女の並ぶ白き歯赤たすき赤塚 昌弘
食み食みて蛸の一生奪ひけり赤塚 昌弘
齧るとは命断つこと胡瓜齧る赤塚 昌弘
水澄んで歯列矯正なぞる舌川又 夕
胡瓜かむ音を楽しむ八十才浅山 美津子
こほろぎや歯みがきあとのアイウエオ村田 勝
食欲を支える入れ歯秋深し池田 栄子
篝火の笑顔に銀歯うかい船池田 栄子
冬飴を歯に気をつけてと客に売り竹山 佳与子
歯のきしむパインアイスの固さかな竹山 佳与子
実の割れぬように穀噛む焼銀杏竹山 佳与子
歯を磨きリモート会議風薫る中越 真寿美
技工士の眼鏡のずれて牽牛花長岡 まなみ
バックにはコスメと歯磨き靴白し辻原 雅子
ネイティブの口元真似る夏期講座藤井 みゆき
夏坂を噛みしめギヤーチェンジ音藤井 みゆき
歯ブラシの無造作ゼラニウムの赤く藤井 みゆき
開いた口乳歯可愛や昼寝の子平川 洋子
夏休み孫と歯磨き義歯かくし北岡 千鶴
風光る可愛い吾子の歯歯科デビュー堀本 千世
綱吉の歯茎の塩や冬の雨鈴村 美恵
来世こそ抜ける歯となる秋の烏鈴木 裕公仁
チカチカと線香花火歯が痛む和泉元 良彦
新涼や木製箱の治療器具和田 正
夏座敷父の歯数える丸坊主澤近 恭子
新築の歯ブラシ五本今朝の春礒川 紀美子

団体賞

松山市立石井小学校保健委員会

宇和島市立日振島小学校

鬼北町立日吉小学校

鬼北町立三島小学校

久万高原町立面河小学校

愛南町立家串小学校

伊予市立佐礼谷小学校

大洲市立平野中学校

宇和島市立番城小学校

松山市立難波小学校

松山市立久谷中学校

愛南町立一本松小学校

宇和島市立高光小学校

今治市立朝倉小学校

西予市立野村中学校

愛媛県立小松高等学校

四国中央市立中之庄小学校

愛媛県立宇和高等学校三瓶分校

西予市立皆田小学校

宇和島市立畑地小学校

宇和島市立戸島小学校

宇和島市立喜佐方小学校

宇和島市立奥南小学校

伊予市立中山中学校

伊方町立大久小学校

愛媛県立川之石高等学校保健委員会

愛南町立内海中学校

八幡浜市立双岩小学校

西予市立惣川小学校

西条市立楠河小学校

宇和島市立遊子小学校

西予市立大野ヶ原小学校

西予市立宇和中学校

松野町立松野西小学校

伊方町立九町小学校

四国中央市立寒川小学校

愛媛県立上浮穴高等学校

松山市立南第二中学校

松山市立日浦中学校

松山市立興居島小学校

新居浜市立船木中学校

大洲市立大洲南中学校

八幡浜市立愛宕中学校

松野町立松野東小学校

久万高原町立畑野川小学校

四国中央市立三島東中学校

西予市立中川小学校

西予市立石城小学校

松山市立河野小学校

西予市立野村小学校

<主催>

愛媛県歯科医師会


<後援>

愛媛県

愛媛県教育委員会

松山市

愛媛新聞社

朝日新聞松山総局

毎日新聞松山支局

読売新聞松山支局

産経新聞松山支局

NHK松山放送局

南海放送

テレビ愛媛

あいテレビ

愛媛朝日テレビ

愛媛CATV

FM愛媛

リビングまつやま

タウン情報まつやま


<協賛>

パナソニック株式会社

All Rights Reserved.