禁 煙 宣 言


喫煙は喫煙者本人だけでなく、周囲の非喫煙者の健康にとっても悪影響を与えることが明らかになっている。喫煙は呼吸器をはじめ脳・心臓に悪影響があり、がん・脳血管障害・心疾患の原因になり、また、生殖器官への悪影響が次世代へとつながる。さらに口腔領域では歯周病の最大危険因子であり、口腔がん予防の観点からも『口腔を守る歯科医師』の使命として喫煙対策が重要な課題である。
 喫煙は「病気の原因の中で予防できる最大かつ単一のもの」(WHO)であり、歯科医師ならびに歯科医療従事者が喫煙対策を推進することは、その口腔保健指導・歯科健診に禁煙指導を繰り返し組み入れやすいことや、口腔への影響を直接見ながらの動機付けが容易であるなど、その特徴を最大限生かす意義がある。
 このような背景をもとに、社団法人愛媛県歯科医師会は、愛媛県民の健康・生活環境の維持増進のため、以下に掲げる行動指針を推奨することにより、積極的に禁煙を推進することを宣言する。 

1.我々の歯科医療機関及び口腔保健医療活動の場において全面禁煙を推進します。

2.喫煙防止教育や、禁煙指導を行う歯科医師と歯科衛生士等を養成し、禁煙を支援する歯科医療機関の   育成、充実に努めます。

3.我々の開催する会議・学会・懇親会等は例外なく全面禁煙とします。

4.我々は健康に及ぼすタバコの悪影響について正しい知識を県民に普及、啓発をします。特に妊婦、未成   年者における喫煙の防止を積極的に推進します。

5.我々は受動喫煙による健康被害から、非喫煙者を守るための働きかけを推進します。




                                      平成17年5月22日                                                               

                                          社団法人愛媛県歯科医師会