2層目;3mmEVAシート透明

1層目;3mmEVAシート青

作製方法
厚さ4mmのEVA(エチレン酢酸ビニル共重合樹脂)シート1枚にて作成。
外形線は、唇側は小帯を十分に避け、歯頸部より4mm延長、口蓋側は歯頸部までとした。
臼歯部厚さは、安静時空隙量を超えないように、臼歯部最薄部で1.5mmとした。
作製方法
1層目は青の3mmEVAシート、2層目は透明の3mmEVAシートを用いた。
1層目は前歯部唇側のみを覆う形とし、文字を書いたシールを貼りつけた。2層目はその上から全体を覆うように圧接した。前歯部唇側は約6mm、臼歯部は約3mmとなった。
臼歯部厚さは、安静時空隙量を超えないように、咬合面を削合、最薄部で2mmとした。
前歯部は咬合時に軽く接触する程度とした。
外形線は、唇側は小帯を十分に避け、歯頸部より4mm延長、臼歯口蓋側は歯頸部、口蓋側歯頸部は発音を考慮し歯冠部1/2までとした。
前歯部;前歯(まえば)の部分
唇側;口の外側、唇の方
口蓋側;上あごの中側
・ラミネート 2枚以上のシートを積層(ラミネート)して作ります。
・ モノレイヤー 1枚のシートで作ります。

シートの色、ラベルの文字やイラストは好みに応じて変えることができます。

歯科医院で作成します。歯型をとって石膏模型を作り、この模型に加熱軟化したシートを専用の機械で圧接します。口の形に合わせてシートを切り出し、模型上で上下の噛み合わせをチェックし、完成させます。実際に口の中に入れてみて、再度噛み合わせをチェックします。手間がかかりますが、ぴったり合うマウスガードができます。
使用するシートの枚数の違いにより、モノレイヤーとラミネートの2種類があります。モノレイヤーは1枚のシートで作ります。ラミネート(積層)は2枚以上のシートを用います。ラミネートの方が設計の自由度が高く、個々のプレイヤーの要望に答えることができます。
来院回数 概ね2回で出来上がります。
値段 自費診療になるため、個々の医院によって異なりますが、5,000円〜20,000円が多いようです。
ラミネートタイプの方が手間がかかりますので、値段も高くなります。
カスタムメイド
お湯で軟化し、口の中に入れ、自分で成型するもので、市販されているものはこのタイプが多いようです。
左の写真は、近所のスポーツ店で購入したものです。使用説明書などはなく、成型するのは困難で熟練を要します。

値段 1,000円前後〜3,000円

マウスフォームドタイプ

既製品
参考文献
1) 宮澤 慶, 松本 勝, 安井利一 : 安全教育によるマウスガード装着率の向上について, スポーツ歯学,
8 : 69-74, 2005.
2) 前田芳信, 安井利一, 米畑有理 : マウスガード製作マニュアル, クインテッセンス出版, 2003.
3) 前田芳信, 松田信介 : マウスガードだけじゃない!成形器利用マニュアル, クインテッセンス出版, 2006.
(マウスガードの保管方法について)
マウスガードは吸水性が高く、色やにおいがつきやすい性質をもっていますので、使用後は水洗し、乾燥した状態でケースに入れて保管してください。
また、熱で変形しやすいので、お湯につけたり、高温になる場所に置いておくのは避けてください。
(各々のマウスガードの使い分けについて)
マウスガード普及を妨げる要素に呼吸しにくい、発音しにくい、顎が疲れるといった装着感の悪さがあります。これは、大部分が既製のタイプを使用した際の感想です。宮澤らが高校のラグビー部員に行った調査によると、既製タイプを使用していた部員に対し、厚さ3.8mmのモノレイヤーカスタムメイドマウスガードを作製し使用させたところ、装着感の悪さはほとんどなくなったと報告しています。
このように既製タイプは、安価で入手が簡単ですが、装着感が悪いだけでなく、衝撃吸収の面でも疑問ですので、お勧めできません。
モノレイヤーとラミネートの使い分けについては、機能面、装着感の面でもモノレイヤーで十分ですが、さらに、機能、装着感を追及する人はラミネートがいいでしょう。マウスガード初心者は、まず慣れるために、薄めのモノレイヤーから始めることをお勧めします。
カスタムメイドタイプに使われるシートは現在のところ、EVA(エチレン酢酸ビニル共重合体)が最も多いのですが、このEVAシートを使用した場合、コンタクトスポーツでは、衝撃を吸収性を発揮するには、最も衝撃を受けやすい前歯部唇側で3mmの厚みが必要であるといわれています。

3mmのシートを用いてもシート圧接の際に、引き伸ばされることにより、厚みは3mm以下になります。したがって、モノレイヤーの場合はコンタクトスポーツの場合、4mmのシートの使用が原則となります。しかし、厚みが4mm以上のシートを用いた場合、衝撃吸収に必要な前歯部の厚みは確保されますが、それ以外の部分も厚くなり、人によっては装着感が悪くなってしまいます。

これはラミネートタイプを用いると解決できます。衝撃吸収に十分な厚みが必要な前歯部のみを2枚にし、他の部分を1枚の厚さにします。具体的にいいますと、2mmのシートを用いて前歯部唇側を覆うのシートを作っておきます。そのシートを模型にセットし、その上から2mmの全体を覆うシートを圧接します。こうすると前歯部唇側のみ4mm、臼歯部は2mmのマウスガードが出来、装着感のいいものになります。また、圧接するシートを2層にすることで、ある部分のみ厚くしたり、薄くしたりすることで、設計の自由度が高まり、プレイヤーの様々なニードに答えられるようにもなります。
歯科医院で作成するカスタムメイドタイプとスポーツ店等で販売されている既製(市販タイプ)のものがあります。カスタムメイドタイプは歯科医院で歯型をとり作成するもので、適合も良く、その人のニードに合わせて作ることも可能です。
一方、既製品はお湯で軟化し口の中に入れ、自分で合わせるものです。安価で入手も比較的容易ですが、適合が悪く、落ちやすい、呼吸しにくい、発音しにくいといった声が多く聞かれます

マウスガードの種類

Ehime Dental Association






トップ スポーツによるケガについて 脳震盪の予防効果 マウスガードと運動能力
Copyright (c) Ehime Dental Association, Japan. All Rights Reserved.