■小学生の部 かあさんのえがおしろいはカーネーション 石田れおと
はいしゃさんいたくなかったソーダすい 市川結菜
風薫る中に入いるよはいしゃさん 白江花音
ぼくの歯はキラキラひかる北極星 西岡佳翔
歯がぬけた帰りの会の新学期 中谷のどか
歯がぬけて顔が変ったそ母の夏 宮谷ふみ佳
ぬけたはのすきまそよふく夏の風 原田大成
めはせみをおいかけながらはみがきす 望月蒼太
ゆうぐれのはいしゃのイスでうとうとうと 大にしりゅう青
海水よくみつけた貝がらはの形 山田優姫
抜けた歯とタルトがお土産盆休み 小田宮いちか
白い歯にだまされてやれ青リンゴ 栗田想生
同室のいびき砕く歯熱帯夜 栗田暖乃
ハブラシと入ればがならぶ夏休み 小林未菜歩
ぬけたはをとばしてしまったせんぷうき 池内歩実
かなへびがぼくのはみがきみにきてる 髙山慶人
よるのはみがきでなつやすみがおわる 橘利来
  クマゼミがいっぱいないてはがうごく 田名後元
  ぼくのはもかわもきらきらなつのごご 甲斐冬馬
  ぬけた歯を父さん見てねはかまいり 鈴木奈夕
  四本の歯が動き出す夏の夜 丹下達貴
  弟と歯みがき勝負初夏の朝 西森倖哉
  弟に歯型つけられ泣いた夏 井関萌花
  かぶとむしぼくのはをみがいておくれ 井上幹雄
  歯みがきは一回三分春の山 久能大河
  下の歯はお屋ねの上のせみの横 福島颯一郎
  夏空やアテンダントは歯もきれい 西原莉絵
  はみがきをしながら歌う夏の歌 那須愛華

■中・高生の部 モナ・リザの歯並び悪し夏の果て 岡﨑唯
通知表歯ぎしり僕の夏休み 築山瑞樹
歯ブラシの毛並み乱れる夏休み 岡本樹
運動会磨く白い歯白い靴 菅愛結実
歯型にもぼくの負けん気見えた夏 瀬野潤
祖母の歯の一本消えた夏の夜 佐々木悠真
朝顔を数え歯みがきいつまでも 桜木一徹
夏の夜祖父の入れ歯が語りだす 杉本恵太
笛の音や黒の浴衣と白い歯と 大政悠暉
おととしに投げた歯みつかる草むしり 藤本一輝
負けるたび奥歯が痛む夏の星 久保田千晶
背泳ぎは太陽と前歯のにらめっこ 向井聖哉
大南風含みはにかむ歯の白し 有馬史夏
雨近し新樹の匂う歯を磨く 大森萌子
新年のあいさつを歯にしている弟 丸山真雪
  峰雲やコップにひらききってをるブラシ 仙波珠里
  矯正装置に掴まっている夏大根 山内真穂
  歯ブラシを持って寝ていた父の夏 好本修登
  君の歯が見えかくれする夏祭り 山中みつき
  弟の歯を捨てにゆく花野かな 輪違典子

■一般の部 義歯削る若先生の鼻に汗 和田正
歯磨き粉分けあう朝の岩清水 菅伸明
我こそは明眸皓歯の夏女 佐藤大輔
たらば蟹の殻より僕の歯は強い 喜多景治
歯は減って白髪は増える夏の果 小島富子
持ち出し袋へ歯みがきガムを入れし秋 桧垣昌恵
にっこりと姪の歯二本秋深し 山上香代子
白き歯の妹見直せし盆踊り 越智勝利
十月の空が広がる口の中 森田欣也
良縁の元は白き歯今朝の春 菅野清志
奥歯噛み一の矢放つ弓始 野口寿雄
トマトかじるこの恋を終わりにする 宮下嘉納子
おもいきりムンクの口を歯科晩夏 松本京子
抜けたての穴に歯のあり春一番 若狹昭宏
歯の裏をうつす手鏡石榴の実 藤川美喜
  笑ふ子の歯に青のりや終戦日 尾崎暁子
  歯みがきの後のトランプ夜半の秋 村重香霞
  長月や同じ歯科へと半世紀 岩本昭子
  朝顔やアロハの歯科医三代目 徳井春美
  初めての歯医者お守りのハンカチ 山本香代子
  星流るジュラ紀を眠る化石の歯 能瀬京子
  吾亦紅孤軍奮闘して奥歯 吉田実
  痛みだす虫歯秋雨に濡れる朝 吉田美知子
  ついた嘘歯にこびりつく溽暑かな 鈴村美恵
  焼鮎の小骨の刺さる右奥歯 江戸幸子
  歯磨きの途中広がる鰯雲 大塚めろ
  歯医者より定期の電話麦の秋 谷井紀夫