■小学生の部 ふでばこにぬけたはいれるなつのかぜ 山田 章太朗
痛みを知らぬ歯科の熱帯魚 八塚 陽向
妹の歯がたがついたズッキーニ 高市 雄飛
上下の歯いつも仲よし秋の空 今岡 孝太郎
真っ白な入道雲にかぶりつく 高魚 涼
若葉風ちょっぴりこわい歯医者さん 山本 航太
夏の日のみずぎのあととえいきゅうし 神野 あいり
前ば二本ぬけてむかえる夏休み 河本 亘生
犬の歯はとがっていたそう夏の雨 越智 恋
チェックするかがみの光夏の風 毛利 都雅
あきの空はをくいしばり一とうしょう 加藤 帆乃夏
クワガタの歯はどこにあるここにある 曽我 武士
はみがきだしゃかしゃかしゃかしゃかかぶとむし 土居 翔太
ピカピカにみがく入道雲の白 羽藤 れいな
雷が歯を食いしばっておこってる 宮本 剛匡
かえせかえせわたしのはがた夏の朝 菊池 真琴
あまがえるいっしょにはみがきできるかな 浅井 健太朗
  目高にもちゃんと歯がある月涼し 二宮 翔
  あきのせみぼくはおとなのはがさんぼん 中野 太智
  わがはいがはをみがいたらにじかかる 栗田 想生
  レモン切る明日抜ける歯大人色 栗田 暖乃
  はいしゃにはいきたくないよ夏の風 渡邊 椿
  はがぬけたわらったかおがひやけした 田村 百々花
  夏まつりフランクフルトかむおく歯 増原 悠希
  歯が抜けた姉の晴れ舞台運動会 河野 良夢

■中・高生の部 風鈴をはなれし音と磨く音 藤﨑 佳乃
星涼し水平線まで歯を磨く 善家 天平
合奏のかみ合わぬ音秋の蝉 岡田 真巳
翡翠やまばたきしたらぬけてた歯 西尾 太陽
美しき歯と共に在り宵月夜 大熊 悠介
歯ならびを治すアプリを捜す春 山本 七海
パセリ嚙む弟の歯の白さかな 輪違 典子
白き歯の少年兵士晩夏光 大瀬戸 絢子
歯ブラシが七色そろう帰省かな 正岡 志織
月涼し八重歯以外は母に似ず 河野 佑芽
卒業の歯は思い出のごとく白 菊池 海成
僕の歯の補色は夏の夜の闇 髙橋 凜太朗
六月や虹の色した歯みがき粉 村上 安里沙
白百合や「今から抜歯」とメールする 宮井 桃歌
弟の怪しい八重歯夏の夜 岡本 明華
  歯磨き粉少し大人の夏の雨 髙橋 絵梨沙
  炎昼や地層のサメの歯の白き 下岡 和也
  旅立ちの歯に新涼の透き通る 栗田 歩
  流星を見つけし子等の歯の白き 竹本 太祐
  西瓜かむ歯に血液の流れたる 大元 寿馬
  空蝉や風吹きぬける虫歯かな 石原 悠人
  永久歯キャベツの水の巡りたる 石丸 響子
  あばら骨砕く奥歯や初嵐 吉田 哉汰
  宵闇に育つヴァンパイアの犬歯 鈴村 直樹
  五月雨にぬれしみる歯みがき 今村 唯菜

■一般の部 裏山や歯磨きしかと鵙猛る 徳井 春美
真っ白な歯と歯の会話風薫る 和田 正
共に歯が丈夫で秋のフルムーン 稲井 達夫
花束のごとき歯ブラシ帰省かな 菊地 真理
歯ならびを誉められながむ草相撲 梶野 知子
歯ブラシの整列したる今朝の冬 鎌田 早紀
笑顔の歯見せて留学休暇明 安藤 眞澄
恐竜の歯並び綺麗風光る 松本 だりあ
初秋や阿修羅は皓歯かと思ふ 能瀬 京子
くいしばるあなたは虹をみるように 半木 るん
夏草や窓全開に朝日噛む 岡田 ルミ子
生え揃ふ歯の真つ白に今年米 三浦 歳惠子
歯ブラシはそれぞれの色今朝の秋 松田 かをり
アメリカのでかい歯ブラシ秋高し 村重 香霞
反抗期の歯ブラシそっと変えて秋 鈴村 美恵
  仰向けに鰯雲見る歯科の窓 喜多 加代子
  爽やかや入れ歯の母のよく食べる 吉田 美知子
  頭上から届く歯科医の声薄暑 吉田 実
  夏空へ向けてひっぱる子の乳歯 山田 ゆかり
  冬星生まれよ私の歯になれよ 奥村 幸二
  歯ブラシを二つ選んで今朝の春 川又 夕
  歯ブラシを持ってエアコン前整列 阿部 有真
  歯は命だからゼリーはワイン色 中崎 孝行
  歯を磨く夏の前髪整えつ 森田 欣也
  先生の歯ブラシが指す巣箱かな 竹本 桂子

~佳 作~