■小学生の部 おとなのはかたつむりはどうなってる いまい けい
はるのにじなかよくなったはいしゃさん 平原 晴香
まえばだけ大人になったはるの朝 石川 笑子
はぶらしはサクサクうたうわかば風 小川 大飛
せみしぐれつくえの上野小さなは 河上 仁太
早おきの時けい草とぼくははをみがく 赤松 海斗
歯科けんしん終ったあとに虹ふたつ ウェストロップ はんな
妹の前歯欠席入学式 福原 詩
お盆待つぼくも家族も歯ブラシも 太田 拓夢
バスの中乳歯がぬけた初夏の旅 越智 拓飛
歯ブラシのサイズ変更月涼し 玉岡 礼子
ねるまえにみがいて食べてまたみがく 渡邊 真央
歯科検診医者と蚊が見る口の中 二宮 怜

■中・高生の部 受け付けの白ユリ香る歯科医院 宮井 桃歌
星月夜鏡をにらむフロスかな 日高 隆介
歯をおいたへちまの根元に水をやる 宮崎 陽向
海の音歯ブラシの音8人分 越智 優華
まだ知らない虫歯の痛み春の川 コ井 智行
前よりも増えたゴーヤと甥の歯と 須之内 真琴
歯磨き粉少ししょっぱい夏の朝 真鍋 華奈
今日だけは歯みがきしたくなる月夜 福岡 日向子
春風に押され吹かれて行く歯医者 関谷 安里紗
屋根に投ぐ乳歯やオリオンの隣 大元 寿馬
歯をみがくリズムが同じ母と父 松本 采子
ねぎ食べるむしゃむしゃ食べる歯がグリーン 山本 涼太
五月晴笑う口から歯がポロリ 中岡 明咲子
老鶯(ろうおう)やすきっ歯の口笛の音 赤瀬 友里

■一般の部 弟の世話やき夏至の歯をみがく 赤松 瞳
歯を磨く夏の上腕二頭筋 森田 欣也
親不知抜くは祭りがすんでから 高須賀 眞美子
二本の歯嬰(やや)が見せれば山笑う 山本 久美子
臨終の入れ歯を戻す暮の春 後藤 紀美子
寝たきりの母の歯磨く外は雪 菅 伸明
モナリザの歯は如何ならん秋思かな 野澤 均
大安の歯の直る日や秋日和 藤原 謙治
稚児(ややこ)の歯乳房に触れて温かし 徳井 春美
あとなんぼんぬけたらにゅうがくしきですか 栗田 想生
歯と爪の丈夫なところはじーちゃん似 大野 美由紀
「に」の口で写る白い歯春の風 田中 ゆかり

〜佳 作〜