〜佳 作〜
■小学生の部 「でかいはだ」先生が言うなつの空 島津康太
ゆくえふめいのピンクのハブラシねむの花 伊勢楓華
しかけんしんくすぐったいよなつの空 小川叶
ぬけそうなはとあさがおをかんさつする 藤原彩葉
はがはえてページがふえた日きちょう 河本愛美
歯みがきし露草開く輝く歯 高橋里奈
歯みがきとかぶと虫の世話どちらから 高野智也
七月はむし歯のちりょうひびく声 清水幸之助
夏のよるはみがをしてふけました 坂本くるみ
歯がぬけるある春の朝花がさく 高橋心
砂時計動く歯ブラシ落ちる砂 矢内日向
はがぬけておねえちゃんになる七五三 森藍加
野球部の白い歯ならぶ表しょう式 宇高周平
龍淵に潜む金色のハブラシ 金安理
しんがっきちょっぴりからいはみがきこ 山崎光
愛犬にハブラシとられる夏の朝 水野紗也香
あかとんぼそらをみながらみがくんだ 清家隆誠

■中・高生の部 愛犬の歯型がついたメロンパン 朝倉由衣
偶数の蜜柑の種や歯の強し 金紗蘭
吾亦紅奥歯噛みしめ願書かく 片野遥子
単語帳片手に磨く受験の夏 漆谷春菜

■一般の部 法令集閉じて歯磨きする深夜 桜井教人
生御魂親不知までヘソ曲がり 高須賀眞美子
糸切歯二人の母となりし秋 板倉肱泉
寒雷や猛々しくも親知らず 片野幸重
帰省子の憂いどうやら親不知 喜多加代子
健啖の証は歯型大西瓜 鈴木武夫
生え揃ふ乳歯跳箱とんで夏 福本伊都美

■小学生の部・ユニーク賞 まっしろなはがもてるよとおかあいう 水谷晃生
頭よし顔よし歯よし行ってきます 向井豪
あせかきもむしばがないのもパパゆずり 永井亜久里
自分の歯みがけば分かる歯の気持ち 渡邊光樹
夏休み歯みがきロボット作りたい 高岡純一郎
むしばさんぼくのはみがきうけてみろ 西本朝陽
みがきますはいしゃがこわいぼくこうせい 織田倖成

■中・高生の部・ユニーク賞 気になります勉強量と歯の色と 稲井大雅
この夏は女と白い歯磨きます 大政ひとみ
親知らずいいえ私は知ってます 田邊里奈

■一般の部・ユニーク賞 誘われた猪なべ嬉し義歯の出来 片山辰巳
秋の夜に歯ぴか歯ぴかとひねる父 三好博文
我が家では一に歯みがき二に勉強 大森博美
夏休みみがくみになれ親知らず 池内宗司