簡易口腔ケア アセスメント


目的

口腔ケアは、からだの入り口である口腔と、その中に存在する歯、入れ歯を清潔に保ち、食べる機能の維

持・向上を図り、呼吸器など他臓器への感染を防止し、心地よく人と接することが出来るような環境を整え

ることで、要介護者の
QOLの向上を図ることを目的とします。

方法

以下の簡単な項目について調査を行い、一つでも該当する場合は、改善の必要があると考えます。その際

は、「歯科医療機関に連絡する」ことをケアプランに加えてください。

□1:口腔内に痛みがある

□2:よく噛めない。

□3:口臭がある。

□4:食べかすがたまったままである。

□5:一日に一度もはみがきや入れ歯の洗浄をしていない。

□6:その他、口腔内で気になるところがある。      
                                   )

こんな時にチェック!

1:歯の痛み・入れ歯の痛み・歯ぐきの痛み・かむと痛い・歯磨きを痛がるなど、どんな場合でも痛みがある場合。

2:要介護者あるいは、介護者が噛みにくいと感じている場合。

3:要介護者の口の中をみて臭うと感じたら。

4:歯と歯の間や、頬と歯ぐきの間に食べかすがたまっていたら。

5:入れ歯は、口腔内から取り出して洗浄する必要があります。

6:歯ぐきからの出血・歯が動く・入れ歯が合わない。前歯がなくて、気にしている。しゃべりにくいなど。

不明の点は、歯科相談窓口まで連絡ください。

   松山市柳井町2丁目6−2           TEL 089−932−5047       愛媛県口腔保健センター     FAX 089−932−5048





                         口腔内ケアのポイント

歯のある方

・ 口の中を見てみると、右の図のようなところに食べかすがよくたまっています。

・ 歯についた汚れは、ガーゼなどでは取れません。歯 ブラシを使いましょう。歯と歯の間に挟まったとれにくい食べかすは、糸ようじなどが効果的です

・ 歯茎の炎症が強く出血がひどかったり、歯ブラシが痛いようなときは、スポンジブラシなどが効果的です。

・ 食べかすは、時間がたつととれにくくなりますので、食後すぐの方が簡単です。

入れ歯を使われている方
・入れ歯は、毎食後取り外して入れ歯の内面や針金を清掃しな 

   くてはなりません。

・部分入れ歯は、右図のように針金で歯に引っかけてあります。この部分に食べかすがよくたまります。

 施設などでは、紛失しないように歯科医師に名前を埋め込んでもらいましょう。

・入れ歯をしばらくはずさないでおくと、歯ぐきに食い込んではずせなくなることがあります。はずせないときは無理をせず、歯科医師に連絡してください。

・ 合わない入れ歯を無理して使い続けると、機能が不十分なだけでなく、歯ぐきがやせ顎の骨や関節が変形する場合もあります。歯科訪問診療を利用してください。

・ 歯のない方も、頬と歯ぐきの間や、舌の表面に汚れが付着していることがあります。スポンジブラシが効果的です。



経管栄養などの方
・ 口から食べ物を摂らない方も、粘膜のかすなどがたまってきます。特に口の中が乾燥しがちですから、スポンジなどで湿り気を与え毎日清掃しましょう。

困ったら
・ 口腔ケアは、手と口を動かすため、要介護者自身で行うと脳を活性化させます。障害に合わせて様々な自助器具がありますので 、歯科医師にご相談ください。

・ 歯ぐきの炎症がひどい場合や、口の中の状態がよくわからないときは、歯科医師までご相談ください。

愛媛県歯科医師会

http://www.ehimeda.or.jp/

info@ehimeda.or.jp